雨や雪の日にEVを充電するときの注意点

まず最初に基本的なことをお伝えします。電気自動車(EV)は雨がふっているときや雪がふっているときに充電しても大丈夫です。簡単に感電することはありませんのでご安心ください。

EVを充電するための充電器は雨などで濡れても感電しないように設計されていますが、取扱いを誤ると感電するおそれがあります。次のことを注意して充電してください。

充電するときの注意点

・暴風雨のときは充電をしない
・ぬれた手でプラグなどを触らない
・雷が鳴っているときは充電をしない
・プラグなどがぬれているときは布などで拭き取る
・コンセント周辺が浸水するおそれがあるときは充電を行わない

充電するのが不安な場合

雨がふっているときに充電するのが不安なときはゴム手袋をつけて作業したらいいと思います。そして、水分をしっかりと拭き取ってからプラグを差し込みましょう。

関連記事
EVで電欠(電池切れ・バッテリー切れ)した場合どうしたらいいのか
ガソリン税の負担がないEVに対して新しい税ができる?
電気自動車(EV)なら、この自動車保険がおすすめ!
将来EVの充電は数秒で完了するようになるだろう
雨や雪の日にEVを充電するときの注意点
電気自動車(EV)を最高値で買取してくれる買取店
電気自動車(EV)を無料で廃車にする
電動バイクの任意保険おすすめはコレ!
電動バイクを処分したいときはバイク買取店に売る
EVバイクは間違いで電動バイクが正解