EVで電欠(電池切れ・バッテリー切れ)した場合どうしたらいいのか

電気自動車(EV)を運転中に電欠したときは、レッカー車や牽引ができる車を呼んでください。そして、充電ができる場所まで運んでもらってください。

いまのところ、電気や急速充電器をもってくることができない(一般的ではない)ので車が止まった場所で対処することは難しいです。電欠で動けなくなったときは、他の車を呼んで充電できるところまで移動する方法しか無いと思います。

移動急速充電車

電気自動車(EV)が増えると電欠する車も増えると予想されるため、いろいろな企業が移動急速充電車の開発をしています。近い将来、すばらしい性能の車両が全国に配備されて、安心して電気自動車を運転できるようになると思います。

電欠はあまりしない

電気自動車(EV)にしばらく乗ってみたらわかるのですが、電欠をしたり、しそうになったりすることはほとんどありません。なぜかというと、車がバッテリー残量や渋滞情報や充電スポットまでの距離などを常に把握していて、電欠しそうになる前に案内や警告を出してくれるからです。

電欠をするのは車からの警告を無視して走り続けたりしたときや、災害が起きて大渋滞したときなどではないかと思います。

ドライブは計画的に

最新の電気自動車(EV)は車に搭載されたシステムが賢いので、神経質にならなくていいのですが、遠くにドライブに行くときなどは、充電スポットの場所や渋滞情報などを頭に入れておくといいと思います。

関連記事
EVで電欠(電池切れ・バッテリー切れ)した場合どうしたらいいのか
ガソリン税の負担がないEVに対して新しい税ができる?
電気自動車(EV)なら、この自動車保険がおすすめ!
将来EVの充電は数秒で完了するようになるだろう
雨や雪の日にEVを充電するときの注意点
電気自動車(EV)を最高値で買取してくれる買取店
電気自動車(EV)を無料で廃車にする
電動バイクの任意保険おすすめはコレ!
電動バイクを処分したいときはバイク買取店に売る
EVバイクは間違いで電動バイクが正解