おすすめの通販型(ダイレクト)自動車保険

たくさんの車の写真

自動車保険は代理店型と通販型の2種類があります。代理店型は、自動車販売店などで保険に加入するもので、通販型は、電話やインターネットなどを利用して自動車保険に加入します。

代理店型は
自動車販売店などのお店で加入
通販型は
電話やネットを利用して加入

通販型は代理店型よりも保険料が安く、インターネットを利用すれば24時間いつでも申込みや見積もりができます。代理店型でも通販型でもどちらでもいいというのならば通販型を選んだほうが良いと思います。

通販型は
代理店型より安い
ネットなら24時間申込み可

通販型の自動車保険は沢山あるので、どこの保険会社の保険がいいのか分からないと悩んでいる人もいらっしゃると思います。ズバリ、おすすめの通販型自動車保険は安い自動車保険です。

おすすめは安い自動車保険

どこの保険会社でも保険の内容に違いというのはほとんどありません。どこの保険会社でも自分が希望する内容の契約をすることが可能です。保険内容に違いはほとんどないのですが、保険料は違いがあります。出来る限り安い自動車保険を選ぶことが、節約にもなって良いのではないでしょうか。

安い自動車保険を見つける方法

おすすめの安い通販型(ダイレクト型)自動車保険を見つける方法は、自動車保険の一括見積もりです。沢山の保険会社の見積もりが一度の手続きで出来るので、安い自動車保険をすぐに見つけることができます。

一括見積もりの流れ
ホームページにアクセス
一括見積もり
車の情報などを選択・入力
調べてみよう

安いダイレクト型の自動車保険は、自動車保険の一括見積もりで見つけることができます。一括見積もりは無料で使えるので、気軽に利用してみてください。

一括見積もりで安い保険がわかる!
簡単&無料の一括見積もりはこちら
簡単&無料の一括見積もり
自動車保険会社一覧  
アクサダイレクト そんぽ24
朝日火災海上保険 東京海上日動
イーデザイン損保 チューリッヒ
AIU保険 日新火災
SBI損保 富士火災
セコム損保 三井住友海上
セゾン自動車火災保険 三井ダイレクト
ソニー損保 損保ジャパン日本興亜
自動車保険の豆知識
保険の内容

自動車保険は、保険の内容を変えると保険料も変わりますので、しっかりと考えて内容を決めるようにしたほうがいいと思います。補償内容と保険料、どちらか片方だけを考えて決めるのはよくありません。両方のことを考え、バランスのとれたものにしましょう。

車両保険

事故で車が壊れたり、落書きされたりイタズラされたり、盗難にあったときなどに保険金が支払われる車両保険。この車両保険をつけるか、つけないかで保険料は大きく変わります。保険料を節約したいと考えているのであれば、車両保険はつけないという選択もアリです。

支払い方法

保険料は月々払うというのが一般的ですが、保険料を少しでも節約したいなら、一括払いがいいかもしれません。1年分をまとめて払う一括払いを選ぶと、保険料が安くなる場合があります。

等級

自動車保険には等級というものがあって、等級が上がると保険料が安くなります。等級は20段階で、数字が大きいほど割引率が大きくなります。スタートは6等級で、1年間、事故を起こさず保険を使わなければ、次の年度に1つ等級が上がります。

等級が上がると
保険料が安くなる

逆に、事故を起こして保険を使ったら、次の年度に等級が下がります。等級は保険会社を変えても引き継がれるので、保険会社を変えたら等級が戻るということはありません。