簡単にガソリン代を安くする方法

ガソリン代をクレジットカードで支払うと、ガソリン代が安くなります。ガソリン代を安くしたいなら、ガソリン会社のクレジットカードを作って、そのカードで支払いをしましょう。

ガソリンスタンド

ガソリン代を支払うときに、そのガソリンスタンドが発行しているクレジットカードで支払いをすると、ガソリン代が割引されます。割引の有無や、割引金額は会社によって違います。

どのくらい安くなる

割引金額ですが、1リッター数円に設定している会社が多いです。割引金額が少ないように感じるかもしれませんが、年単位で計算すると大きな金額になります。

1リットル2円の割引
30リットルで60円安い
月に3回給油だと180円安い
1年で2160円安い
5年で10800円安い

ガソリン代を安くするなら、クレジットカードで支払いをする方法がおすすめです。とても簡単にできる方法だと思います。

カードの作り方

クレジットカードの作り方は簡単です。カードのホームページにアクセスして入会の申し込みをするだけです。審査に通ったら自宅にカードが届きます。

クレジットカードの作り方
カード会社のホームページ
申し込み
審査
カードが届く

クレジットカードは、20才以上なら誰でも作ることができます。必要なものは、免許証などの本人確認書類です。

必要なもの
本人確認書類(免許証等)
おすすめのクレジットカード

おすすめのクレジットカードは、ENEOSカードです。ENEOSカードは、ガソリンスタンド、ENEOS(エネオス)のカードです。

ENEOS(エネオス)とは

エネオスは、石油元売り最大手のJXTGエネルギーが運営しているガソリンスタンドです。エネオスは、日本で1番多いガソリンスタンドです。

エネオスの写真
エネオスカード

エネオスカードは3種類あります。おすすめはスタンダードタイプのSです。ENEOSカードSは、ガソリン・軽油が1リットル2円引き、灯油が1リットル1円引き。年1回のカード利用で年会費無料です。

ENEOSカードS
・ガソリン1リットル2円引き
・灯油1リットル1円引き
ロードサービス付き

ENEOSカードを作ると、ENEOSロードサービスを利用することができます。レッカーは10キロまで無料、ロードサービスは30分まで無料です。

ENEOSロードサービス
パンク・バッテリー上がり・キーとじ込み・ガス欠など

クレジットカードを作るなら、日本一のガソリンスタンド、ENEOS(エネオス)のカードがおすすめです。

サイトはこちら
クレジットカードの基礎知識
クレジットカードとは

クレジットカードとは、代金の支払いを後払いすることができるカードのことです。クレジットカードで購入をした商品の代金は、決められた日にまとめて銀行口座から引き落とされます。

審査

クレジットは信用という意味です。あとで必ず支払ってくれるという信用が無ければ、クレジットカードを持つことはできません。クレジットカードを作るときの審査は、この信用力を審査しています。

VISAやJCBとは

クレジットカードの表面には、VISAやJCB、MasterCardなどのロゴが入っています。VISAやJCBはクレジットカードの国際ブランドのことで、国際ブランドのロゴが入っていれば、世界中でカードを使うことができます。

5大国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドの中で、とくに有名なブランドが、VISA(ビザ)とMasterCard(マスターカード)とJCBとアメリカンエキスプレスとダイナースクラブです。クレジットカードの5大国際ブランドと呼ばれています。

関連団体
日本クレジットカード協会
一般社団法人日本クレジット協会
日本カード情報セキュリティ協議会